食物繊維で便秘も改善!

大豆には、大豆イソフラボンが含まれており、肌の調子をととのえてくれます。また、水溶性の食物繊維も豊富なので、便通も良くなり、肌はもちろんのこと、ダイエットにもつながります。

 

豆のまま食べると、腹持ちも良く食事の量も減らすことが出来ます。煮豆にする時は、カロリーの低い甘味料を使うと良いでしょう。

 

また、酢大豆がダイエットにとても良いという話しもきいたことがあります。酢のクエン酸と食物繊維の相乗効果のようです。
作り方は、煎った大豆を瓶などに入れて豆が浸るくらい酢を注ぎます。3日目位から食べるられます。ちなみに黒豆を使うとサポニンの働きでより効果的です。
大豆8
さらに、大豆イソフラボンは更年期障害の症状を緩和してくれます。症状が楽になることにより、顔色も良くなり、生き生きとした表情になれるでしょう。更年期の方だけでなく、女性にはオススメしたい食材です。この場合は、豆乳などで摂取すると良いでしょう。飲みにくい場合は、コーヒーなどの味付けをしてください。